公安情報:2014年3月13日の情報

公安情報:2014年3月13日の情報中央公安部から全国各地の公安局に対し、風俗(娯楽施設)取締強化の指示が出ました。

在中日本人の中で4/11(金)まで強化期間という噂が流れていますが、特に期間は

設けられていないのが実情のようです。

先日、長寧区でKTV,スナック等、お酒を扱い、女性服務員が接客する店のオーナーが

各管轄派出所(仙霞、天山路、新虹橋、周家橋派出所)に召集され、緊急勧告がなされました。

 

【処罰の一例ご参考】

・検査、取締り時のパスポート不携帯 => 行政処分罰金500元(出入境管理法)

・店内での脱衣行為 => 行政処分罰金5000元以下もしくは行政拘留10日以上(治安管理処罰法)

・店内での性サービス => 行政処分罰金5000元以下、行政拘留10日以上、ビザ強制取消、3年以上の再入国禁止

・ホテル等への持ち帰り等の買春行為 => 行政拘留、行政処分罰金5000元以下懲役5年以下の懲役、ビザ強制取消、3年以上の再入国禁止(治安管理処罰法、刑法)

 

上記は一例です。実際はケースバイケースで処分されます。

また、疑いがある行動だけでも、検挙・連行の可能性があります。

関係者の話では、各KTVにそれぞれ付き合いのある警察幹部があるようですが、

少しでもこれらの店をかばったり、売春で検挙されたものをかばう姿勢を見せれば、

すべて解任するとのことで、捕まった日本人の処分前の救出は今回に限れば困難なようです。

 

コメントを残す

*
サブコンテンツ

SHJPTV

格安ドメイン!

これ飲んで勃たない人はいない!

最近のコメント

ECサイト実績No1!

このページの先頭へ